タグ別アーカイブ: openpne

MacOS Lion + XAMPP + OpenPNE

インストール

各種インストーラDLして入れておく
現在ではOpenPNE-3.6.4が最新?

※3.8.Xがリリースされてます。

セキュリティ

同じ様なテーマで作業ログ残してるブログを参考にすすめてみる。

参考:http://d.hatena.ne.jp/s_kaneda/20090603/1244016722

上述の参考URI上にあるリンクのXAMPPのインストールから設定まわりは古過ぎて参考にならず。

MacOS LionにはUtilityにDirectory なんちゃらってのが無い。

ターミナルからsudoでセキュリティの設定を行う。

参考:http://www.youtube.com/watch?v=BPjpRzdrug8

XAMPPのファイルをターミナルからいじる

作業はすべてsudoで行う

sudo vim /Applications/XAMPP/etc/httpd.conf

ファイルを開いたらset numberで行数を表示。
可能な限り何行目にどんな設定があるのかを把握しておく。

最後尾のコメントアウトを削除。vim は Ctrl + d でページ送り

vhostで設定したのディレクトリがちゃんとhtdocs下で一致している事を確認してからxamppのapacheを再起動。

エラーがあるとxamppがalert投げて知らせてくれる。

openPneのデータベースをインストール

データベースは予め作成しておかなければならない。でないとCreatingTableでこける。

phpmyadminからDBを作成。

DB名はopenpne。

照合順序もutf8_unicode_ci

参考:http://technology.rey-net.com/?eid=1155855

ターミナルから以下を入力する。

sudo php /Applications/XAMPP/htdocs/OpenPNE-3.6.4/symfony openpne:install

require_onceでエラーが出たら、次の事をやってない可能性が高い。OpenPNE-3.6.4/config/ProjectConfiguration.class.php.sampleをコピーしてファイル名から.sampleを抜いたものを用意しておく。

インストールが開始されると青い箱で質問攻め。質問内容は参考URLを参考に。

あれ?インストール中どうしても
PDO Connection Error: SQLSTATE[HY000] [2002] No such file or directory
で止まる。

PDO Connection Error: SQLSTATE[HY000] [2002] No such file or directoryの対策

php.iniの最終行に”pdo_mysql.default_socket=/var/mysql/mysql.sock”を追加してインストール処理を試す。

sudo vim でphp.iniを開く。参考URLではpdo_mysql.default_socketの項目があるようだけど俺のところには無かった。無かった!

結果・・・失敗。

参考:http://yasuwagon.blogspot.jp/2010/12/openpne3-pdo-connection-error.html

mysql.sockを探してそれをインストール時に聞かれるdatabase socket pathに入れる方法

まずソケットの場所を探す。

find / -name "*sock"

ずらずらっと出て来るはずなのでそこからそれっぽいものを採択。

/Applications/XAMPP/xamppfiles/var/mysql/mysql.sock

これをインストール時に聞かれるType database socket path (optional)に入力。

結果・・・成功。

参考:http://weble.org/2011/05/07/openpne-mac-hemtel

成功すると
http://localhost/OpenPNE-3.6.4/web/
からアクセスできるようになる。

途中、手を付けたもの

/config/OpenPNE.yml.sample -> /config/OpenPNE.yml
/config/ProjectConfiguration.class.php.sample -> /config/ProjectConfiguration.class.php

ここまででインストール完了と管理画面へのログインはできたものの、ユーザー側のフロントエンドにはいけず。

なので色々見直したところ、OpenPNE.ymlのベースURLが間違っているっぽい事が分かったのでそこを修正してみる。

OpenPNE.ymlのbase_urlまわりを修正

6行目

base_url: "http://example.com"
->
base_url: "http://localhost/OpenPNE-3.6.4/web/"
  pc_frontend: "https://example.com"
  mobile_frontend: "https://example.com"
  pc_backend: "https://example.com"
->
  pc_frontend: "http://localhost/OpenPNE-3.6.4/web"
  mobile_frontend: "http://localhost/OpenPNE-3.6.4/web"
  pc_backend: "http://localhost/OpenPNE-3.6.4/web"

結果・・・以下のエラーがでてAdmin側もアクセス不可能に…。

現在、サーバが混み合っているか、メンテナンス中です。
ご迷惑をおかけいたしますが、しばらく時間を空けて再度アクセスしてください。

Currently, our service is too busy or is under maintenance.
We're sorry and please retry accessing later.

ここからbase_urlの最後のスラッシュだけ排除してもう一度インストール

結果・・・アクセス可能に!

しかし、相変わらずログインはできない。

テーブルのPrefixも変更

table_prefix: ""
->
table_prefix: "op_"

これは推奨、ということなのでやらなくてもいいっぽいけどやっとく。

最有力の.htaccessを修正する

参考:http://redmine.openpne.jp/issues/201

XAMPPにmcryptを入れる。

mcrypt:暗号化用関数。なぜかxamppのmac版には入ってない。

http://www.weblio.jp/content/Mcrypt+%E6%9A%97%E5%8F%B7%E5%8C%96%E9%96%A2%E6%95%B0

入ってるか確認。

http://forum.tsukaeru.net/viewtopic.php?p=24183

mcryptはhomebrew経由でinstallした。

同様にAPC拡張モジュールを入れる

APC拡張モジュールって何?

apcはhomebrew経由でのinstall方法が良くわからず…。

その後、発見するもhomebrewからだとダメらしい。

http://d.hatena.ne.jp/ken-ton/20111108/1320732105

そしてAPCをinstallするためにのphpizeが機能しない。

これはphp-develをインストールする必要があるらしい…。

日を跨いでるので一度整理。

現在の現象の種類

  • ログイン後のページが404
  • 管理側は閲覧可能

解決策、原因と思われるものの種類

  • APCとmcryptを入れれば解決するかも!
    • http://blog.bmoon.jp/diary/tips/server/openpne-3.php
    • mcryptはbrew経由でインストール済み
  • .htaccessを編集すれば解決するかも!

公式の手順を読み返したら実際はなにも編集しなくても
http://example.com/pc_frontend_dev.php
でアクセス出来た。

やっとできた…。
でも相変わらずdev抜きURLではアクセスできないけれどもPluginを製作するにあたっては問題無いね。きっと。

OpenPNE